プロフィール

歩んできた道

  • 2002年韓国初でロボット手術を執刀
  • その後15年間国内外で多様な手術を執刀
  • ロボットの開発と臨床試験が正常終了し
  • 延世大学校医科大学泌尿器科学教室教授
  • セブランス病院ロボット手術センタートレーニングディレクター
  • 米8軍121病院泌尿器科諮問医師(コンサルタント)
  • 聖歌福祉病院泌尿器科ボランティア医師
  • 大韓内泌尿器科学会常任理事/副会長
  • アメリカ Urology and Engineering Society 会長及び Advisory Board Member
  • アメリカ Journal of Urology 審査委員
  • アメリカ Journal of Robotic Surgery
  • Associate Editor
  • 世界ロボット泌尿器科学会(SRS)理事

学歴

  1. 1992.2延世大学校医科大学卒業
  2. 2002.4アメリカ Johns Hopkins 医大交換教授(Visiting assistant professor)
  3. 2002.7アメリカ Society and Engineering Scholar
  4. 2003.6Johns Hopkins大学経営大学院 "Business in Medicine" Certificate Program
  5. 2010.11Harvard大学保健大学院 “Leadership in Academic Medicine" Program
  6. 2002.4-(現)延世大学校医科大学泌尿器科学教室教授 / セブランス病院企画管理室長
  7. 2007.10-(現)セブランス病院ロボット手術センタートレーニングディレクター
  8. 1998.4-(現)米8軍121病院泌尿器科諮問医師(コンサルタント)
  9. 1998.12-(現)聖歌福祉病院泌尿器科ボランティア医師
  10. 2005.12-(現)大韓内泌尿器科学会常任理事/副会長
  11. 2006.5-(現)アメリカ Urology and Engineering Society 会長及び Advisory Board Member
  12. 2004.2-(現)アメリカ Journal of Urology 審査委員
  13. 2006.1-(現)アメリカ Journal of Robotic Surgery Associate Editor
  14. 2008.3-(現)世界ロボット泌尿器科学会(SRS)理事

受賞

  1. 2014.11キム・セチョル学術賞:大韓泌尿器科学会
  2. 2013.6学術賞(国内):大韓 Endourology 学会
  3. 2013.6Best Presentation賞:大韓 Endourology 学会
  4. 2013.5最優秀審査委員賞;第24次 Engineering and Urology学会、(サンディエゴ、USA)
  5. 2013.11最優秀国外論文賞;大韓泌尿器科学会
  6. 2012.6学術賞(国外):大韓 Endourology 学会
  7. 2011.8学術賞:大韓泌尿器腫瘍学会
  8. 2006.5最優秀審査委員会賞;第18回目アメリカ Engineering and Urology 学会
  9. 2002.5優秀論文賞(ビデオ部門);第97回目アメリカ泌尿器科学会
  10. 2001.3最優秀論文賞;大韓男性科学回
  11. 2001.11最優秀論文賞(ビデオ部門);第19回目WCE世界内泌尿器科学会
  12. 2001.1学術賞;大韓内泌尿器科学会
  13. 1999.5優秀論文賞(国外);大韓泌尿器科学会
  14. 1997.11学術賞;大韓泌尿器科学会
  15. 1994.4優秀ビデオ賞;1994、第89回目アメリカ泌尿器科学会
  16. 1988.2 延世医科大学首席卒業/キム・ミョンソン奨学金(4年全額)受賞

その他

  • 発表論文SCIなど (332) / 国内 (55)
  • 学術発表国際 (441) / 国内 (87)
  • 執筆 (13) 国際特許 (2)
  • ロボット手術関連講演 (440): ロボット手術試演 (35)
  • ロボット手術指導 (proctoring) : 国内 (11) / 国外 (29)
  • ロボット手術関連研究課題 (10)
  • ロボット手術執刀2500例 (前立腺癌2,000例, 腎腸癌 500例 )
  • 外国13ヶ国医師免許取得(ロボット手術試演/指導)